キャッシングを利用するなら!【cashing-info】

cashing-infoではキャッシングの上手な使い方や注意点を説明しています。

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャッシング詐欺【ネットを使ったフィッシング詐欺】にご注意ください




キャッシング詐欺には大きく分けて2種類あります。

前回「貸します詐欺」についてご説明しましたが、
もう1つはネットを使ったフィッシング詐欺の一種です。


既存の消費者金融などで借りている人に金利が安くなる、
融資枠が増えるなどといった広告をだし、偽物のサイトに誘導します。
そこでIDや暗証番号などを打ち込ませて、番号だけを抜き取るのです。

このIDと暗証番号を偽カードに書き込まれて
勝手にお金を引き出されてしまうのがネットキャッシング詐欺です。


偽物サイトと言っても本物とそっくりで、
インターネットに慣れていない素人では
なかなか判断がつきません。

また最近ではさらに手口が巧妙になってきており、
本物のサイトにウイルスを仕掛けてクリックしたものが
消費者金融の偽サイトに飛んでしまいそこでIDや
暗証番号を盗まれてしまうといった事案も発生しています。

本物のサイトからのアクセスだから安心とは限りません。

大手消費者金融やネットバンク、キャッシングサイト等でも被害者が出ています。
詐欺かどうかを判別できるセキュリティキーを使い入力するようにしましょう。


スポンサーサイト

| キャッシングの注意点 | 17:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャッシング詐欺の「貸します詐欺」とは?




キャッシング詐欺には大きく分けて2種類あります。

まず、1つ目は

「お金を借りるために保証料や手数料などが必要」

とさもありそうな事を言われ
借金をする前にお金を振り込ませる方法。


「貸します詐欺」


とも言われています。


悪質業者が低金利やイベント等、人が集まりやすい美辞麗句を並べ、
申し込んだ人に格安の金利で融資をすると見せかけて、
お金を騙し取る詐欺手法です。

大手金融機関やテレビCMなどを打っている有名な消費者金融から
融資を断られてしまってお金に困った人がこういった悪質業者に
騙されるケースが増えています。これは金銭に困り過ぎていて
適切な判断が出来なくない精神状態になっているため、
詐欺を見抜けないのです。

ちゃんとした消費者金融の金利は良くても6パーセント。
1%や2%などあり得ないと思っておいた方が良いでしょう。
甘い誘いには罠があります。


| キャッシングの注意点 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。