キャッシングを利用するなら!【cashing-info】

cashing-infoではキャッシングの上手な使い方や注意点を説明しています。

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤミ金融の手口




ヤミ金融は貸金業の許可を取っているか
取っていないかで営業方法が若干異なってきます。

貸金業の許可が有る場合はダイレクトメールや
雑誌やインターネットに広告も打てます。

その中で、多重債務者などに他では借りることが
出来ないから、少し金利が高くても良いなら貸しますよ
と言った手法を使うヤミ金融もあるようです。

では、許可の無い場合はどうしているのでしょうか?

パチンコ屋に行き、常連と化して知り合いになった
他の常連が負けている時に貸している業者が有るようです。

この場合は大体3万円~5万円ほどの貸し付けで、
1週間で5千円から1万円の利息を取るようです。

また、貸金業登録業者から借りたのに一日でも延滞した
瞬間に債権をヤミ金に譲渡され、法外な金利を取られて
しまう場合もあるようです。

そうなってしまった場合は、払う前に弁護士なり警察に
相談をしてください。

払ってしまった後も過払い請求ができますが、
ヤミ金はまともに払ってくれない場合が
多く存在していますので、払う前に対策を
講じるのがベストでしょう。


スポンサーサイト

| 消費者金融とヤミ金 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤミ金融とは?




ヤミ金融は都道府県や国などに貸金業の登録を
取っていない場合も多くあるので、注意が必要となります。

しかし、中には貸金業の登録を正規に取っている
という所もあるので、一概に貸金業の登録が有るから
大丈夫だとは言えない点があります。

ヤミ金融は膨大な金利を取る例もあり、
良く聞くところで10日で1割の金利を取ったりします。

この10日で1割というのは、10万円を借りた場合には、
30日間で3万円の利息、1年借りると36万5千円となります。

年利換算すると365%になります。

これは利息制限法の元本が10万円以上100万円以下ですと、
18%となっているので、
それをはるかに超えた利率となっています。

このようなヤミ金融というのは、
消費者金融などで借りる事が出来なくなってしまった人が
利用しているケースが多いので、
中々被害が少なくなっていないのが現状です。

しかも法律が変わって年収の1/3までしか借りる事が
出来なくなってしまったので、
多くの金額を借りたい人にとっては、
最後の手段として利用してしまう人も多くいます。

借りる時には返済計画を立てて借りる事が多いですが、
少しでも狂ってしまったり返済が遅れてしまうと、
その金利の多さから返済が難しくなってしまいます。

しかしながら利息制限法があるので、
それを超える金利は支払う必要もなく、
過払い金に関しては返還請求もする事が出来ます。

消費者金融とヤミ金融にはこのような違いがあり、
返済時に大きな差があります。


| 消費者金融とヤミ金 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消費者金融とは?




そもそも、消費者金融って一体なんなの?
という人もいると思います。

最近ではCMも多く流れているので名前を聞いたことが有る
ような大手も多く存在します。

プロミスは三井住友フィナンシャルグループといった
メガバンクなどによって運営されている貸金業です。

他にも三菱UFJフィナンシャルグループでは
アコムを運営していたりと、
大手が行っている事も多くなりました。

消費者金融は、主に小口で個人に貸すものであり、
無担保で借りる事も出来るので、借りやすい側面があります。

また、日本消費者金融協会という、
消費者金融会社を会員とした全国組織の任意団体もあり、
どういったところなのか参考に見てみるのもいいでしょう。

消費者金融と言えば、少し前までは29.2%までという、
グレーゾーン金利までとっていた部分もあった為に、
一時期はサラ金と言われるようにイメージがあまり良くなかったですが、
近頃はだいぶ変わってきました。

現在では利息制限法によって守られている部分もあり、
10万円未満であれば年利20%まで、
10万円以上で100万円未満であれば年18%、
100万円を超える場合には15%までとなっています。

主婦や学生といった人でも気軽に借りる事が出来、
アルバイトやパートでも安定した収入があることによって
貸出をしてくれる事もあります。

その為に、現在は1300万人ほどが借入していて、
かなり多くの人が利用しているサービスです。


| 消費者金融とヤミ金 | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャッシングに必要な書類とは?




キャッシングを申し込むにあたり、
提出が必要になる書類がいくつかあります。


申し込時に必要な場合と、
後程提示が求められる場合がありますが
どちらの場合でも事前に準備をしておくと、
手続きがスムーズにできます。


用意する書類の分類は一般的に以下の2つになります。

①身分を証明できる書類

運転免許証や健康保険証が一般的ですがパスポートでも問題ありません。

この他にも住民票、印鑑証明書も身分証明になります。

近々の公共料金の領収書でも可能ですが、
公共料金の領収書の場合は併せて
健康保険証の提示を求められる場合があります。

運転免許証がない方は手間がかかりますが、
住民票や印鑑証明を用意した方が確実に
手続きができますのでお勧めです。

②収入を証明する書類

これは当たり前の事ですが、
キャッシングは収入が無い人にお金を貸してくれません。

収入を証明する書類は借り入れ希望額や
キャッシング業者によっても多少変わってきます。

一番近い3ヶ月分の給料明細、
または年末に勤務先からもらう源泉徴収が一般的です。

借り入れ金額が高額の時は、
収入証明書の提示を求められる場合があります。

収入証明書は住民税納税証明書のことで、
住民税を納めている役所で発行できます。

収入があれば住民税が納税できているということになりますので、
審査書類として有効となるわけです。

書類を揃えるには何かと手間はかかりますが、
キャッシングは信頼が一番重要です。

証明書類を提示することにより、
収入額などの情報に虚偽がないかを確認します。

提出をした書類に虚偽の情報があった場合は、
信頼を失いキャッシングをすることは出来なくなってしまいます。

郵送、FAXの場合でも添付する書類漏れや
記入漏れがあった時は再提出が必要となり二度手間になります。

キャッシング業者や借り入れ金額によって
必要な書類や記入方法も変わってきます。

審査の書類には充分注意を払い必要書類の準備などをしっかりしましょう。


| キャッシングの申込方法 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネットでの人気検索ワード





近年では、キャッシングを利用している人の割合が7人に1人と、
意外と多くなっていることがデータとして出ています。


一昔前では、自宅へのダイレクトメールや
テレビコマーシャルの影響から、
キャッシングを利用する人が多かったのですが、
最近ではインターネットの普及から、
サイトの広告から申込む人が多くなっています。


一般的な印象としては、
男性の利用が多いと言う印象が強い傾向にありますが、
主婦やOLと言った女性からの利用も多くなっています。


インターネットで検索する際の、
キャッシング人気キーワードとしては、
主婦、学生、審査が甘い、ローン等が挙げられます。


申込んだからには審査を通りたい、
審査に引っかかりたくないという気持ちからか、
審査の甘いキャッシング会社が人気のを得ています。


また、主婦やアルバイト、
パートでもキャッシングの利用が可能であることも、
検索の際に人気のキーワードとなっています。


近頃は、借金を一本化する、
おまとめローンも人気キーワードとなっています。


| キャッシングのお得情報 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。